読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2秒でわかるフルメタSPAフルコン講座

フルコンしてる人にやってもらう

ファイアーエムブレムif

久しぶりに記事を書いたと思ったらEU版の話でもなんでもない話(挨拶)

 

前置き

少し前に久しぶりにFEやりたいなあとか思いながら封印の剣を買い直してやってたんですけど、インフルになって引きこもりが加速しちゃって3DSまで買ってしまったので勢いで白夜王国を買いました(息継ぎなし)

 

僕にとっては時系列的には暁の女神以来のFEでした。

普通に白夜ルート選んで終わらせたばかりなんですが暗夜、透魔ルートもやらないとストーリー的に評価するには早い気がするのでそこは保留。

 

感想?

前述通り白夜ルートを選びました。難易度は久しぶりのFEってこともあってハード、クラシック。

 

一番プレイした作品がGBA3部作、蒼炎だったのもあって最初はそれまでの感覚でやってたんですけど早い段階であ、これじゃダメだ 、ってなりましたね……

武器全体に細かい調整がかけられてたり、1人の強いユニットで無双はほぼ無理な調整になってたり……やってて新しい感覚を作っていくようなプレイができて楽しかったです。ハードでも結構リセットしたしルナティックどうなるんだろう、とか今から思ってたりします。

終盤は急ぎ足で寄り道せずにプレイしたのもあってあんまりユニット育ってなくて27章、終章はちょっと難しかったなあとか。遭遇戦とかに時間しっかりかけてたらもっと楽だったとは思いました。寄り道しないなら初めから暗夜ルートやれよって話でも……笑

 

覚醒も買ったので暗夜ルート、透魔ルートも含めて3つ積まれている状態……何から消化していこうか悩みますね。久しぶりに家ゲーやってるおかげで遊戯王ビートマニアほとんど触ってない現実

 

 

ユニット的にはフェリシアちゃんぐうかわでした。めっちゃ甘やかしたい

北米版? EU版? Pt.2 レリーフ編


前置き

僕は灼熱Pt.2の方が好きです(挨拶)

 

こんにちは2回目です。

前回に引き続き、北米版とEU版についてのお話をしていきます。今回はタイトル通りレリーフのお話です。

 

そもそも北米版とEU版ってなんぞや? って方は前回の記事から見るとわかりやすいと思います。

 

・シークレット編

http://yuzu-dot-kitami.hatenablog.com/entry/2016/11/18/030639

 

 

本題

さっそくいきましょう。

 

レリーフは僕が一番好きなレアリティでとても愛着があります。それもあってレリーフのカードはよく集めている……んですが

TCG圏においてはDOCSを最後にレギュラーパックにおけるレリーフのカードがなくなりました。(ついでにいうとホロも廃止されました)

この話聞いた時はかなりショックでした……現在はOTSパック(日本でいうトーナメントパック)でのみ数種類レリーフが新規で来るのみになりました。今回のOTSがやばいですね、気になる方は調べてみましょう

 

……話が逸れました。

 

まずこの画像をご覧下さい。

f:id:Yuzu_K:20161119010439j:image

 

どちらが北米でどちらがEU版でしょうか?

 

シンキングタイム

 

 

【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )【審議中】

 

 

……これは考える時間いらなさそうですね。

 

正解はが北米、がEU版です。

 

 

ではこちらはどうでしょうか。

f:id:Yuzu_K:20161119010506j:image

 

2度目のシンキングタイム

 

 

 

 

 

 

 

 

【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )【審議中】

 

 

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

はい。わかりましたか?

 

正解はEU版でした。

 

最後にもう1つ。

f:id:Yuzu_K:20161119010639j:image

 

2枚それぞれどちらでしょうか?

 

3度目のシンキングタイム

 

 

 

 

 



f:id:Yuzu_K:20161119010732j:image

 

 

 

 

 

はい。わかりましたか?

正解はどちらも北米です。ちょっと文面でどっちが?!って思った人はごめんなさい。ただの引っ掛けでした。

 


f:id:Yuzu_K:20161119002650j:image

 

 

閑話休題

レリーフってかっこいいですよね。でもEUレリーフはもっとかっこいいですよね。

 

1枚目のデスガイドはこれ以上ないぐらい違いがハッキリしてたと思いますが何が具体的に違うかってのはわかりましたか?

 

わからない( ˘•ω•˘ ).。oஇ 

って方のために詳しく説明していきます。

 

もう一度先程のデスガイドを例にして説明していきます。



f:id:Yuzu_K:20161119010757j:image

 

まず、前回に説明したイラストの枠の色に関しては共通点になっています。

 

レリーフは他のレアリティと比べて独特の加工をされていることもあり、違いも独特の違いが現れてます。

 

レベルの星の加工

北米版は全体的にのっぺりして平坦な感じ

EU版は星の真ん中に集中線がかかっているような感じ

 

北米

f:id:Yuzu_K:20161119011715j:image

 

EU

f:id:Yuzu_K:20161119011703j:image


 

テキスト欄の枠の彫り

これはEU版のみに見られる特徴です。下の画像のような感じです。

 




f:id:Yuzu_K:20161119011459j:image


 

最大の特徴でもあると思います。初期傷ではないのです。

ただしこれはテキスト欄にもレリーフ加工がされるようになった7期以降のカードのみの特徴であり、6期以前のカードには当てはまらない ので気をつけましょう。

 

北米版にはこのような裏面まで彫りの深さの跡が残ってることはまずありません。個体差によって多少あったりはしますがここまでくっきりはしていません。

 

他には上のデスガイドのように単純にイラスト自体の加工、彫りの深さ、細かさの違い が見られますね。探してるカードの在庫が複数ある場合は全部見せてもらえるとわかりやすいかもしれませんね。

 

単体でも上の2つを抑えておくとかなりわかりやすいと思います。というよりこの2つに全てが詰まってると思いますw

 

余談

 


f:id:Yuzu_K:20161119011540j:image

 



f:id:Yuzu_K:20161119010928j:image

 
f:id:Yuzu_K:20161119011716j:image

 


f:id:Yuzu_K:20161119011812j:image

 

 
f:id:Yuzu_K:20161119011842j:image

 

 

全てEUなんですけど、本当に大好きです。ほかにもいろいろあるんですけどレリーフの魅力をぜひ知っていただきたいので好きなカードをいくつか載せてみました

トリシューラは芸術的なんでぜひ実物を手に取って見てほしいです……!

 

次回予告

スーパー、ウルトラの説明をしていきます。

この2つはほぼ共通している部分が多いのでわかりやすい反面で慣れないと難しいところもありますのでゆっくりと……

北米版? EU版? シークレットレア編

前置き

こんにちははじめまして(挨拶)

ゆずって名前で英語のカード集めてワッショイしてます。よろしくお願いします。

 

タイトル

最近Twitterでよくこんな事を聞かれるようになりました。

 

北米版EU版の違いってなんですか?」

 

僕みたいに長く英語版プレイヤーをやってる人とかは北米、EUって単語だけで意味合いが理解できるかと思うのです。

が、最近英語はじめましたみたいな方はそうでないわけでございまして。上のような質問をされる事が多くなってきたので文章に起こしてみようと思いました次第です。

 

北米版とEU版ってなに?

ここから始めます。ちなみに以下は北米EUの事が理解できる方にとっては当たり前の事しか言ってないと思いますのであらかじめ……

 

北米版は主にアメリカ圏、EU版は主にヨーロッパ圏などで製造、印刷だったりが行われてるっていうのがベースになりますがここはなんとなく覚えるぐらいでいいです。

同じ英語版でも2種類存在するんだ、とまず最初に認識してください。

 

 

本題

こんな画像を用意しました。


f:id:Yuzu_K:20161118015516j:image

 

激流葬です。ある程度遊戯王やってる人なら誰でも知ってるカードだと思います。

見てみると明らかに左と右で大きく光り方に差がありますね。目があれば誰でもパッと見でわかります。

 

この激流葬は8期のタイミングで見ての通りシークレットレア (以下シク)で収録されています。

 

上の画像を見てこう思った方もいるかもしれません。

 

これだけ光り方違うならわざわざ説明なんかなくてもわかるじゃんw うはww

 

ところがどっこい。

まず英語版のシクですが、7期と8期のカードのみ シクの光り方が北米とEUで明確に変わります。上の激流葬で言うと左が北米、右がEUです。

北米は線が細く、1本線が通ったような光り方 EUは線が太く、粒が細かい感じの光り方をしてますね。

 

ここでこう思った人もいるかもしれません。

 

「7期と8期とそれ以外の時期じゃ光り方違うの?」

 

その認識を持たれた方、正解です。

6期より前、9期以降のカードでは北米版の光り方が EU版に近い 光り方をしています。

 
f:id:Yuzu_K:20161118021413j:image 
f:id:Yuzu_K:20161118021450j:image

 

この画像で言うと弁天が北米、ビュートがEUなんですが、北米である弁天もEU版の激流葬のような光り方に近いですね。


f:id:Yuzu_K:20161118021731j:image

これは6期のカードです。もうここまで見ればわかりやすいですね。

ちなみにこれは北米です。

 

発展

上の画像で時期によるシクの特徴はだいたい理解していただけたかと思います。特に7、8期のカードはわかりやすいですしね。

 

ここからは気になるところであろう北米とEUの見分け方を説明していきます。9期以降のカードはとても見分けが簡単なのでそこをベースにします。

 

まずここで簡単なクイズを出します。

 


f:id:Yuzu_K:20161118023007j:image

 


f:id:Yuzu_K:20161118023032j:image

 


f:id:Yuzu_K:20161118023046j:image

 

上の3つの北米、EUをまず当ててみてください。

シンキングタイム

 

=========以下しばらく空白=========

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )

 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )【審議中】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

=========ここまで空白=========

 

わかりましたか?

まず正解発表からいきます。 

 

① EU ②EU ③北米

 

でした。めっちゃ簡単でしたね。

 

え、簡単じゃなくない? って方もいるかと思いますので説明していきます。

 


f:id:Yuzu_K:20161118023722j:image  f:id:Yuzu_K:20161118023032j:image

 

同じカードで比較した方がわかりやすいと思うんで並べてみました。

左が北米、右がEUです。

 

さっきの激流葬ほどじゃないかもしれないですけど同じカードとは思えないぐらい違いますね。

 

個人的に判断しているポイントをいくつか。

 

テキスト欄

北米版は茶色が強いかな? って感じに見えますがEU版は白みがはっきり出ていますね。

あとこの画像じゃわかりにくいかもしれないんですけど北米はテキスト自体が少し滲んでるような感じなんですけどEUは細くシュッとしたような感じです。

手持ちの北米のカードとEUのカードで見比べてみるとこれはわかりやすいかな?

 

イラスト

正直説明不要かもしれないんですけど……EU版の方が色が濃くてハッキリしてますね。

 

イラストの枠

北米は少しだけ暗めのグレー

EUは明るいグレー

で囲われています。これも画像じゃわかりにくいかも……?

これ結構わかりやすいポイントです。見比べてみると明らかに色が違うんで。

 

こうして文章に興してみたまではいいんですけど「正直意味わかんない」って方もいるかもしれません。正直文章にするの思いのほか難しかったです。

慣れると本当にパッと見るだけで見分けがつくようになります。

 

これは半分経験談なんですけど、見分けられるようになるためのコツは「とにかく英語のカードを見ること」に尽きるんじゃないかなって思います。

ショップに行った時に欲しいものがなくてもショーケースを毎回見る癖をつけるとか。英語プレイヤーの友人のカードを見せてもらうとか。メルカリとかヤフオクで出品されてるカードを見るとか。

 

etc,,,

 

閑話休題

最近メルカリでよくカードを見ている時に思うんですが、「明らかに北米版のカードが EU版と記載されて出品されている」事案をすごく見かけます。

「EU版の判別がついていないプレイヤーの方が EUと記載された北米版を購入してしまう」事案も多くなってきている印象です。

 


f:id:Yuzu_K:20161118025718j:image f:id:Yuzu_K:20161118025724j:imagef:id:Yuzu_K:20161118025732j:image

この3つ、全て北米版です。

 

EU版参考
f:id:Yuzu_K:20161118025811j:image


f:id:Yuzu_K:20161118025821j:image


f:id:Yuzu_K:20161118025858j:image

 

これを見た時は僕は悲しかったと同時に正しい認識を出来ないプレイヤーの方が多いんだなあ、と思ってしまいました。

売り手側の方は知らずに出している方もいるかもしれませんし、意図的に出している方もいると思いますし後者だとかなりタチ悪いですよね。

僕みたいに画像だけで見分けできるプレイヤーなら売り手の画像見て確認できるんで問題ないんですけど全員が全員そういうわけではないと思いますので……

言ってしまえば自己責任、自業自得の範疇であるとも思うんですが……少なくとも上の分だけでも売れているということは買い手が正しい認識が出来ていない証拠ですからね。僕個人としてはこういう事案は1つでも減ってほしいと思いますし。

 

拙い文章ですけどそういった事案が減ればとも思うんでEU版に興味のある英語プレイヤーの方は何かの参考にしてもらえれば。

 

次回予告

レリーフについて書くと思います。あとはここで書ききれなかったこととか質問があればそれにも答えてみようかなーと。

 

よろしくお願いします。