読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

北米版? EU版? Pt.2 レリーフ編


前置き

僕は灼熱Pt.2の方が好きです(挨拶)

 

こんにちは2回目です。

前回に引き続き、北米版とEU版についてのお話をしていきます。今回はタイトル通りレリーフのお話です。

 

そもそも北米版とEU版ってなんぞや? って方は前回の記事から見るとわかりやすいと思います。

 

・シークレット編

http://yuzu-dot-kitami.hatenablog.com/entry/2016/11/18/030639

 

 

本題

さっそくいきましょう。

 

レリーフは僕が一番好きなレアリティでとても愛着があります。それもあってレリーフのカードはよく集めている……んですが

TCG圏においてはDOCSを最後にレギュラーパックにおけるレリーフのカードがなくなりました。(ついでにいうとホロも廃止されました)

この話聞いた時はかなりショックでした……現在はOTSパック(日本でいうトーナメントパック)でのみ数種類レリーフが新規で来るのみになりました。今回のOTSがやばいですね、気になる方は調べてみましょう

 

……話が逸れました。

 

まずこの画像をご覧下さい。

f:id:Yuzu_K:20161119010439j:image

 

どちらが北米でどちらがEU版でしょうか?

 

シンキングタイム

 

 

【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )【審議中】

 

 

……これは考える時間いらなさそうですね。

 

正解はが北米、がEU版です。

 

 

ではこちらはどうでしょうか。

f:id:Yuzu_K:20161119010506j:image

 

2度目のシンキングタイム

 

 

 

 

 

 

 

 

【審議中】 ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` ) ( ´・ω) (´・ω・) (・ω・`) (ω・` )【審議中】

 

 

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

はい。わかりましたか?

 

正解はEU版でした。

 

最後にもう1つ。

f:id:Yuzu_K:20161119010639j:image

 

2枚それぞれどちらでしょうか?

 

3度目のシンキングタイム

 

 

 

 

 



f:id:Yuzu_K:20161119010732j:image

 

 

 

 

 

はい。わかりましたか?

正解はどちらも北米です。ちょっと文面でどっちが?!って思った人はごめんなさい。ただの引っ掛けでした。

 


f:id:Yuzu_K:20161119002650j:image

 

 

閑話休題

レリーフってかっこいいですよね。でもEUレリーフはもっとかっこいいですよね。

 

1枚目のデスガイドはこれ以上ないぐらい違いがハッキリしてたと思いますが何が具体的に違うかってのはわかりましたか?

 

わからない( ˘•ω•˘ ).。oஇ 

って方のために詳しく説明していきます。

 

もう一度先程のデスガイドを例にして説明していきます。



f:id:Yuzu_K:20161119010757j:image

 

まず、前回に説明したイラストの枠の色に関しては共通点になっています。

 

レリーフは他のレアリティと比べて独特の加工をされていることもあり、違いも独特の違いが現れてます。

 

レベルの星の加工

北米版は全体的にのっぺりして平坦な感じ

EU版は星の真ん中に集中線がかかっているような感じ

 

北米

f:id:Yuzu_K:20161119011715j:image

 

EU

f:id:Yuzu_K:20161119011703j:image


 

テキスト欄の枠の彫り

これはEU版のみに見られる特徴です。下の画像のような感じです。

 




f:id:Yuzu_K:20161119011459j:image


 

最大の特徴でもあると思います。初期傷ではないのです。

ただしこれはテキスト欄にもレリーフ加工がされるようになった7期以降のカードのみの特徴であり、6期以前のカードには当てはまらない ので気をつけましょう。

 

北米版にはこのような裏面まで彫りの深さの跡が残ってることはまずありません。個体差によって多少あったりはしますがここまでくっきりはしていません。

 

他には上のデスガイドのように単純にイラスト自体の加工、彫りの深さ、細かさの違い が見られますね。探してるカードの在庫が複数ある場合は全部見せてもらえるとわかりやすいかもしれませんね。

 

単体でも上の2つを抑えておくとかなりわかりやすいと思います。というよりこの2つに全てが詰まってると思いますw

 

余談

 


f:id:Yuzu_K:20161119011540j:image

 



f:id:Yuzu_K:20161119010928j:image

 
f:id:Yuzu_K:20161119011716j:image

 


f:id:Yuzu_K:20161119011812j:image

 

 
f:id:Yuzu_K:20161119011842j:image

 

 

全てEUなんですけど、本当に大好きです。ほかにもいろいろあるんですけどレリーフの魅力をぜひ知っていただきたいので好きなカードをいくつか載せてみました

トリシューラは芸術的なんでぜひ実物を手に取って見てほしいです……!

 

次回予告

スーパー、ウルトラの説明をしていきます。

この2つはほぼ共通している部分が多いのでわかりやすい反面で慣れないと難しいところもありますのでゆっくりと……