読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トリックスター 考察

英語版、やめました(挨拶)

 

前置き

そんなわけで英語のカードをちょいちょい売ってますが気付いたら増殖するGのシクとかになってた話

 

本題

リンカーネイション強いなあってだけの理由でトリックスターを組みました。

 

現状のレシピ↓
f:id:Yuzu_K:20170501010107j:image

 

各カードのテキストはここには書きません。知らない人は調べてください。

以下のテキストには僕の主観が多めに含まれています。

 

WWトリックスターって感じですかね。

 

各々のカードの採用理由について書きます。

 

WW

少ない枚数で出張が可能で1枚引ければ初動(アイスベル)、後続(グラスベル)の確保を成立させられるところ。

スノウベルを絡めたクリスタルウィングの強さに関しては説明不要かと思います。

 

スノウベルの素引き、アイスベルスタートに増殖するGが直撃してしまうのが弱み。

 

オネスト

主にマスターPへの解答としての採用であるところが9割です。ですが引きすぎて事故要因になることは避けたいので2枚。

流行りのマクロコスモス下では発動できないのが弱み。

 

テラフォの枚数

キャンディナでライトステージをサーチできること、フィールドを引きすぎても強みになりにくいところから2枚。

初動でうららを踏める可能性を考えると余裕があれば3枚でもいいかも。

 

ドン・サウザンドの契約

発動処理として効果処理を行うので幽鬼うさぎが当たりません。

また、発動下でリンカーネイションが通れば相手のハンド全公開です。

発動に名称ターン1がついているので被ると弱いこと、発動しても勝ちに直結するカードではないため引けたらラッキーぐらいの認識がいいと思います。そのため1枚。

 

 

以下は採用するのを辞めたカードの理由について書きます。

 

サモンチェーン

①発動のために特定のカードを2枚要求されること

②先行ワンキルのためにはサモンチェーンを含め4枚のカードが必要になるため現実的ではないこと

③発動できない札の時に引くとゴミになること←これが決め手

 

噛み合えば強いカードであることには変わりないですがそうじゃない時には初手、後手、それ以降のハンドが事実上マイナス1になります。

先行ワンキルに関してもうらら、ドロバをもらうと高確率で成立しなくなります。

上記の面を踏まえて枠を取るのは無駄だと判断したため不採用になりました。

 

グリード・悪夢の拷問部屋

そもそも何が強いのかわかりません。現状、勝ち筋をバーンに寄せる理由も全くあるように思いません。

現環境においてはコズミックサイクロン、羽根帚のメイン採用がほとんどな上、十二獣においてはサイクロンまでメインに採用されていることが多いです。

そんな中で追加の噛み合いを求める永続カードを採用する理由があるとは思えません。

 

 

覚えておきたいこと

 

フィールドにマンジュシカ、ライトステージ

手札にキャンディナ

墓地にリンカーネイション

が揃っていてなおかつ相手のフィールドにモンスターが存在しない場合、ワンキルが成立します。

 

キャンディナを通常召喚、リリーベルをサーチ

リーベルの①の効果で特殊召喚

キャンディナ、マンジュシカでホーリーエンジェルをリンク召喚

リーベルで攻撃、③の効果で墓地のマンジュシカを回収(800+200) 計1000ダメージ

回収したマンジュシカの①の効果発動、リリーベルを対象にホーリーエンジェルのリンク先のどちらかに特殊召喚

ホーリーエンジェルの①の効果が発動し、③の効果で打点が200アップ(200+200) 計1400ダメージ

墓地のリンカーネイションの②の効果で墓地のキャンディナをホーリーエンジェルのもう片方のリンク先に特殊召喚

ホーリーエンジェルの①の効果が発動し、③の効果で打点がさらに200アップ(200+200) 計1800ダメージ

マンジュシカ、キャンディナ、ホーリーエンジェルで攻撃(1600+200 1800+200 2400+200) 計3600→5600→8200

 

の流れでワンキルが成立します。

リンカーネイションの②の効果は墓地に送られたターンでも発動できるのであらかじめ伏せていたが相手ターンに発動しなかった場合はバトルフェイズ中に発動することでもこの動きを成立させることができます。

 

その他覚えておきたいこと

トリックスターのバーン効果は全て永続効果で即座にチェーンブロックを組まず発動するので幽鬼うさぎを打てない(打たれない)

②手札にマンジュシカが複数枚存在する場合、同一のチェーンブロックで①の効果を発動することでフィールドのトリックスターの対象が1体のみでも発動した枚数分のマンジュシカを全て特殊召喚できる(解決時に効果の対象が不在になっても不発にならない)

③リンカーネイションに灰流うららを発動できる(される)こと

④ドロール&ロックバードを使用した全ハンデスは相手のサーチ処理後に必ずチェーン1リンカーネイション→チェーン2ドロール&ロックバードで発動すること

⑤ライトステージの②の効果の対象がフィールド魔法や通常魔法だった場合、発動が可能なタイミングではないため必ず墓地へ送られる

 

こんな感じですかね?

最初に見た時はこのデッキ、どうやって勝ち筋作るんだろう?とか思ってたんですけど、ちゃんと考えて回してあげると想定よりもかなり強かったです。

あまり考えてる人が多くないように思えるので、このカードはどうか?とかあったりしたら教えてもらえると嬉しいです。