戯言

気が向いたらトリックスターについて語ります。

トリックスターを使うにあたって

こんにちは、ゆずです

 

トリックスターについて聞きたいと言われ、気になることについて書いていたら思ったより長くなってしまったのでそのままブログの記事にすることにしました

元は友人宛なのと自分の主観を元に書いたので結構雑に書いてます。トリックスター使ってる人には当たり前のことも書いてたりするんでこういう考え方もあるんだな、程度に参考にできそうなところが1つでもあれば

 

他に気になることがあればTwitter(@slacker_mary__)までお願いします。

気が向いたら何かしら追記もするかもです

 

──────────────

 

・ベイゴマの使い方
改訂前はコマ+マンジュシカでエクストラリンクできたけどサモソが禁止になってトリックスターのギミックでの展開は絶望的に

植物環境の時に『ゴウフウは返しのカードとして優秀なので先行では使わない』って書いたのと同じ理由でベイゴマも先行では使わない
主な使い方はもちろんケルビーニだけどダンディライオン素引きした時でもマンジュシカ落とせることは覚えておくこと、マンジュシカ落とすことでボーダー越えられることも頭の片隅に

 

コマ+キャンディナ
1.
盤面ソード+リリー+ステージ 墓地マンジュシカ1枚
最低8800ライフ取れる、かつステージで伏せ1枚踏める

 

2.
盤面未使用ウォール+ゴブリン+リリー+ステージ 墓地マンジュシカ
展開中のうさぎ、ループ中のわらしケアしつつリリーループ
2回目のキャンディナ召喚にうさぎもらってもウォール+リリー+ステージ 墓地マンジュシカでループ最低条件は成立するけどこの場合わらし合わせて持たれてるとケアできないのでマンジュシカ素引きしていて持ってくる必要ない場合は最初のキャンディナ召喚でリンカ持ってきてゴブリンで捨てておくことでケア可

 

・リリーループ
盤面にウォール、リリー 墓地or手札にマンジュシカ1枚
相手の盤面に1601〜2700の縦のモンスター1体(残りライフで変動あり)

リリーダイレクト、マンジュシカ墓地回収、マンジュシカをウォールのリンク先にss
マンジュシカで縦のモンスターに自爆、ダメステウォール効果でリリーss、リリーダイレクト。。。を相手のライフが0になるまで繰り返す
キャンディナ、マンジュシカ1枚ずつかスケゴキャンディナ(トリックスターに繋がるステージ)で自分がループするための盤面は成立する

ウォールに無限かヴェーラーもらうとやばいのとわらしで止まるからゴブリン横に添えたいけどその場合はマンジュシカ2枚あらかじめ持っておくかコマスタートじゃないとモンスター足りない
ゴブリン添えれる時は相互1でマンジュシカ再度回収できるからわらしケアできるけどうさぎ当たるようになるから全誘発ケアは墓穴ないとたぶん無理

 


・対姫
有利って言ってる人もいるらしいけど体感は圧倒的不利
こちらの勝ち筋は前は放置して後ろの妨害と誘発踏み切ってからリリーループ狙うのが1番手っ取り早い

 

意識すること
1.ステージを維持させて閃刀魔法の妨害を減らす
2.バーナー(見えてたらジャミングも)は可能な限りケアする
3.エンゲージ1枚でもハンドに確定してたらリンカで飛ばす


1.
ステージ維持するために持ってても先張りは可能な限りしない
ステージからじゃないと動けない場合は仕方ないけど返しの後ろの1妨害踏みに行くために使う
今は羽根ツイツイに加えサイクも入ってるから強く意識

 

2.
マンジュシカは限界までガメる
バーン狙うために先出しマンジュシカやる人かなり多いけど閃刀魔法の的になるだけで先出しすると全部直撃するから意味ない
ジャミングケアはできそうならでOK
初ターン先行の場合はスケゴとリンカとやぶ蛇以外は何も伏せなくていいと思ってる
神も初ターンは伏せないけど返し以降はツイツイサイクの的にならないようにステージで踏むようにする、羽は割り切り

 

3.
エンゲージの枚数が減ってることにほぼ直結してる
1枚飛ばしてしまえば相手のエンゲージは1枚になるから残りのエンゲージを回収する動き(カガリss、シズクサーチ、ハヤテダイレクト、マルチロールなど)に妨害を当てていくようにして相手のリソース、後続、妨害を減らしながらリリーループ、ライフカットに向けての準備を続けていく

 


・ミラー
基本的にはキャンディナとステージ綺麗に通したもん勝ち
サブギミックいかに引けるかも大事

・意識すること
1.ステージ維持
2.相手の構築から採用カードを読む
3.リンカを打つか打たないか、打たせるか打たせないか考える
4.マンジュシカは限界までガメる

 

1.
オルターと違って前盤面の妨害がないから基本的に妨害は誘発と後ろに集約される
そのため誘発(うらら、うさぎ)と後ろを同時に見るためにステージを残すのがかなり大事
神、無限、やぶ蛇全部ステージで安全に踏めるので基本的に裏目なし(スケゴに注意!)

 

2.
人によって構築、プラン全然違うから採用カードを見てどういうプランか想定しながら相手の伏せなどを読みながらカードを使っていくようにする
(相手の選択権で先取ったか、後取ったか、伏せた枚数、etc)

 

3.
リンカは使用目線だと1枚しかないので闇雲には絶対に打たない
バーン狙いのために使うのはリンカのドロー枚数でライフを0にできる場合にしかやってはいけない、打ちどころは見極める
逆に対面のリンカは見えてなくても伏せがあれば伏せにあることを前提にする
ハンドによってリンカを打たれても大丈夫かそうじゃないか、どちらであっても打たれても大丈夫なタイミングを見極める
確定だったらリンカを早めに打たせるためのプレイングを心がける

 

4.
前述でも言った通り先出しする人が多いけど個人的には絶対になしでどうしても出さなければいけないタイミング(キャンディナやリリーベルが戦闘、効果破壊などされそうなタイミング、etc)までは絶対に出さない
理由も前述通りで閃刀魔法などを筆頭に対象を取るようなカードを先出しすると全部直撃してしまうのが第一(他には精神操作とかがケルビーニ展開に使われるから特にやばい)
見えてるマンジュシカも見えてないマンジュシカも無駄遣いは絶対にせずダブっていれば展開する時以外は原則1枚は残すように心がけること

 


・展開系
先取った時は妨害当てるタイミングは的確に、後手は誘発通って貫通されないのお祈り
先後ともに貫通されたら基本的に返せないかワンキルされるからこれ以上言えることはないかも……相手のアスペを祈りましょう

 


・サイチェン
トリックスターが見えた時点で伏せ割りを入れられやすい(残されやすい、増やされやすい)ので選択権がある時は先行取らないとやばいタイプのデッキ(先行ワンキル、セフィラとか)以外には後手取るのを推奨
メインプランによってサイドカード何入れるか大きく変わりが出るところだけど原則はメインでメタが及んでないタイプのデッキへのメタカードかメタりたいデッキへ更に強く見れるカードが良さげ
トリックスター自体はパワーが低いから広く見ようと満遍なく入れれるカード多めにすると中途半端になって手数で押し切られやすくなりがちだからピンポイントにしろそうでないにしろ1で2以上の効果生み出せることができるカード(展開系への異次元グランド、勅命や魔封じ、etc)でパワー差を埋められるようにしたい